冷え性の症状

冷え性という言葉をよく耳にすることがあると思いますが、そもそも冷え性とは一体どのようなものなのでしょうか?冷え性とは、手や足の先などが冷えているような感じが持続していることです。

 

冷え性になってしまうと、血行不良が起こり様々な症状が起こります。自分に当てはまる症状が合った場合、冷え性となっている可能性がありますので、確認してみてください。

 

まず、肩こりや頭痛が起こります。冷え性が悪化することで血行不良となり、肩こりが起こります。この肩こりはマッサージではあまり改善されず、悪化すると頭痛も引き起こします。

 

さらに、冷え性によって適切な体温調節ができず、体の抵抗力が弱り風邪などを引きやすくなってしまいます。

 

ほかにも、肌荒れやアレルギーが悪化する場合もありますし、下痢や腹痛が増える、胃がもたれやすくなるなどの症状があります。女性の場合は、冷え性によって自律神経が乱れて生理不順を引き起す可能性があります。

 

また、冷え性のせいで夜眠れなくなってしまったり、体力が低下したり、集中力が低下したりすることも多く見られます。このように、一言で冷え性といっても様々な症状があるのです。

 

そんな冷え性は、男性にも起こる可能性がありますが、比較的女性に多い症状です。なぜかというと、冷え性は女性ホルモンと密接な関係があるためです。

 

女性ホルモンが乱れている時は冷え性が起こりやすい状態にあり、特に妊娠中や更年期の時に起こりやすくなります。まずは、冷え性であるかどうかを自分の症状と合わせてチェックしてみることをお勧めします。

 

冷え性改善サプリメントへ戻る