冷え性に良い入浴方法

冷え性に最も効果的な方法が入浴です。一人暮らしの方や毎日忙しい日々を過ごしている方は、シャワーで済ませているかもしれませんが、冷え性にはしっかりとお湯につかることが大切です。

 

入浴には、体を温める効果だけでなく、寒さによって収縮した毛細血管を広げて、血流の流れを良くする効果があります。そのため、冷え性には入浴がとても効果的なのです。

 

しかし、入浴をする時にはいくつかポイントがあります。せっかく入浴をするのですから、しっかりと効果を得たいですよね。

 

まず、大切なポイントはお湯の温度になります。寒い時は熱めのお湯につかったほうが温まると思われている方が多いもしれませんが、熱すぎるお湯は冷え性に効果がありません。

 

熱すぎるお湯の場合、皮膚しか温まらず、体の芯から温まることができません。しかも、長時間入浴することができませんので、すぐに湯冷めしてしまい、逆効果になってしまう可能性が高くなります。

 

そこで、お湯の温度は40度前後にして入浴するようにしてみてください。40度前後であれば、体の芯から温まることができます。

 

さらに、入浴剤などを合わせて使用するとより高い効果を得られる可能性があります。入浴剤によって効果は異なりますが、保湿性や保温性の高い入浴剤もありますし、香りによってリラックス効果を得ることができます。

 

入浴剤以外にも、レモンやみかんの皮をお湯に浸けて入浴するのも効果的な方法です。レモンやみかんの皮には、保温性を高める効果があります。

 

ほかにも、お酢やお酒をお湯に入れることで、新陳代謝を高めてくれる効果があります。このように入浴をする時に工夫をすることで、さらなる高い効果を期待できますので、ぜひ実践してみてください。

 

冷え性改善サプリメントランキングへ