寝るときに靴下を履くのがダメな理由

冷え性によって足先が冷たくなっているため、寝るときに靴下を履いて寝ているという人は意外と多いのではないでしょうか。

 

しかし、靴下を履いて寝てしまうと逆効果になってしまうと知っていますか?靴下を履いて寝てしまうと、脚が締め付けられてしまい、血行不良を起こしてしまうため、靴下は履かないほういいのです。

 

靴下を履かないと寒いと思われる方が多いかもしれません。しかし、靴下を履いて寝てしまうとさらに冷え性が悪化してしまいます。靴下を履くと、血行不良ももちろんですが、蒸れてしまうことで冷え性をさらに悪化させるとも言われています。

 

だからといって冷えたまま寝るのは辛いものです。そこで、湯たんぽなどを使用して靴下を履かなくても脚を温めて寝るようにしたほうが冷え性に効果的です。

 

湯たんぽの方が、靴下よりもずっと温かいので効果的です。また、寝る前にジンジャーティーなどの温かい飲み物を飲むという方法も効果的です。

 

また、最近は冷え性の方向けの靴下も販売されています。全ての靴下が悪いわけではなく、締め付けによる血行不良が冷え性の悪化を招いてしまうので、冷え性の方向けの締め付けのない靴下であれば身に着けても大丈夫です。

 

最近は、ほとんど締め付けがなく、吸湿性の高い冷え性の方向けの靴下が販売されていますので、ぜひ試してみてください。

 

足先を温かくすることで、ぐっすりと眠ることができます。睡眠をしっかりととることも冷え性を改善するためには重要なことですので、足先の冷えを解消する工夫を行いましょう。

 

冷え性改善サプリメントへ戻る