子どもの冷え性が増えている理由

冷え性という言葉を聞くと、大人の女性がなるものだと思われるかもしれません。しかし、最近は子供にも全く無関係とは言えなくなってきました。子供にも冷え性の子が増えてきているのです。

 

冷え性の原因は、甘い物や水分の摂り過ぎ、運動不足などです。最近の子供たちを取り巻く環境がまさに冷え性を招くような生活環境となっているのです。

 

近年は子供の運動不足が問題となっていますし、美味しいジュースやお菓子などがありふれています。このような生活環境が子供たちの冷え性を招いてしまっているのです。

 

冷え性は免疫力や体力の低下を招きますので、風邪をひきやすくなったり、様々な病気にかかりやすくなります。親としては子供が病気にかかりやすくなってしまったり、体の弱い子になってしまうのは不安なものです。

 

そこで、子供が冷え性にならないように日頃から注意してあげることが大切です。例えば、はちみつやしょうがの入った温かい飲み物をあげるようにしたり、体を温める食べ物をたっぷり使った食事を心がけることです。

 

また、シャワーではなくお風呂に入れるようにしたり、温かい服装にしてあげることも大切です。冷え性がひどい場合は、寝るときに湯たんぽなどを使用して温かくしてあげることも必要です。

 

また、子供が嫌がるかもしれませんが、できる限りストレッチなどの運動を取り入れてください。ストレッチをする時に親も一緒に行えば、親子で運動不足を解消することができますし、良いスキンシップが取れると思います。子供の冷え性を改善するために、日像生活を見直してみましょう。

 

冷え性改善サプリメントへ戻る