冷え性の原因

冷え性に悩まされている人は多いと思いますが、そもそも原因は何なのでしょうか?冷え性というのは、血行が悪くなってしまって、血管がいつまでも収縮したままになり、冷たくなってしまう状態のことです。

 

では、なぜこのような事が起こってしまうのでしょうか。

 

まず、考えられる原因のひとつが、食生活です。食べ物の中には体を冷やすものがあります。

 

例を挙げますと、チョコレートなどのお菓子やファーストフードなどです。これらの食べ物は体を冷やすだけでなく、血液をドロドロにしてしまう作用もあるため、より悪循環になってしまうのです。

 

次に考えられる原因が衣類です。

 

特に女性に多く見られるのですが、窮屈な衣服を着用すると体が圧迫されてしまいます。これが毛細血管へ血液を運ぶのを妨げてしまい、冷え性につながってしまうのです。実験でも、きつい衣服とゆるい衣服を着ている人では体温の上昇の仕方が異なっていることが証明されています。

 

もう一つの考えられる原因が運動不足や筋力の低下です。運動不足になると、体の代謝が低下してしまい、血液循環が悪くなります。

 

さらに、筋力低下が進んでしまうと、自律神経がうまく働かなくなり、免疫力の低下、毛細血管の収縮を促進してしまうのです。

 

最後に挙げられる原因がエアコンなどの影響です。人の体には体温調節機能というものが備わっています。

 

しかし、暖房やクーラーなどの設備に頼り過ぎてしまうことによって、皮膚から脳への情報がしっかりと伝わらなくなってしまい、神経機能が鈍ってしまうのです。自律神経機能がうまく働かなくなることで、冷え性を招いてしまうのです。

 

このように様々な原因で冷え性は起こってしまうのです。

 

冷え性改善サプリメントへ戻る