物忘れや老化を防止するなら速読がオススメ

本を読めば知識は得られますが脳は活性化することはありません。ですが、速読をすることで左脳と右脳がフルに稼動して、それによって物忘れが少なくなったり、脳の老化を防止するということにつながります。しかし、どうして左脳と右脳がフル稼働をするのかということについて理解できないと思いますのでその点について説明します。

 

まず右脳と左脳の役割の違いについて理解していてもらいたいのですが、本を普通に読む場合、文字や言葉を処理するのは左脳になりますので、基本的に左脳しか使っていないということになります。ですが、速読することによって、あらゆる情報を脳内で映像化してイメージ処理するので右脳も使います。

 

ですので速読が右脳と左脳をフル稼働させることになります。ちなみに右脳は一度に大量の情報を受け入れることが可能になりますので多くのことを処理することが可能になります。だからこそ右脳を使うことで本を早く読むことが可能になります。

 

情報をイメージしながらする速読によって普段は使わない脳の部分も活性化します。物忘れというのはそもそも、情報は入っているのに上手く引き出せていないことになりますので、右脳を使うようになればそれも上手く引き出せるようになります。

 

それによって物忘れはもちろん老化防止をすることができます。さらに速読だけではなくあらゆる場面でイメージをすることによって右脳と左脳をフル稼働することができますので常に意識するようにしましょう。

 

こちらも参考に:ボケ防止サプリランキング@物忘れ、認知症が不安な方必見