体の冷えが引き起こす病気

体の冷えは万病の元という言葉を聞いたことがありますか?

 

このことわざの通り、冷え性を放っておくと様々な病気を発症する可能性があります。冷え性になると、それぞれの臓器の代謝が悪化し、臓器の機能低下を招く恐れがあります。

 

さらに、血管が冷えることによって収縮し、血流が悪くなってしまいます。このような状態が継続すると、血液の流れが妨げられ、臓器に機能障害が起こり、様々な病気を引き起こす可能性があるのです。

 

では、具体的にどのような病気を発症する恐れがあるのでしょうか。まず挙げられるのが、冷え性による免疫力の低下です。

 

免疫力が低下することで風邪などを引きやすくなりますし、アレルギー性疾患などが起こる可能性も出てきます。

 

例を挙げますと、気管支炎や気管支ぜんそく、慢性関節リウマチ、花粉症やアトピーなどがあります。また、冷え性によって血管が収縮し血流が悪くなるため、動脈硬化などの病気を発症する可能性もあります。

 

婦人科系の疾患を引き起こすことも多く、子宮内膜症、不妊症、膀胱炎などを発症することがあります。そのほかにも、自律神経失調症、心身症、腎臓病といった様々な病気を引き起こす可能性もあります。

 

このように冷え性によって様々な病気を引き起こされる可能性がありますので、たかが冷え性と甘く見ずに、早めに冷え性対策を行うことが大切です。

 

冷え性を改善する方法は色々あります。体を温める食べ物を積極に摂取するようにしたり、入浴を行うようにするなど、生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

 

冷え性改善サプリメントへ戻る